中国・日本 わたしの国

By | 2015年5月12日

25th-中国日本わたしの国

2013年/本編108分/日本語・中国語/配給 パル企画

中国・日本 わたしの国

山形国際ドキュメンタリー映画祭2013出品作品
監督:ちと瀬千比呂 
製作:鈴木ワタル 
プロデューサー:沢田 慶
※日本語字幕の他に、英語字幕も入っています

「ふたつの国は、どちらも私の国。国籍は関係ない」この作品に登場する山田静は、来日して約20年になる中国残留邦人二世だ。次々と語られる彼女の人生は、まさに波乱万丈。

日中戦争後、中国で中国人の父と日本人の母の間に生まれた彼女は、「文化大革命」など、時代に翻弄された人生であった。自分の主張は通し、弱音は吐かず、誰の手助けも借りたくない。そんな彼女の幼少時代は、引っ込み思案でおとなしかったという。日々忙しく働いていたが、腎臓の病気を患い、しばらく訪れていなかった母の墓を訪ねることにした。

子供二人と共に中国への里帰りにカメラも同行し、日中の歴史と未来を探り、彼女の半生を追い求める旅に出たドキュメンタリー作品である。