ホームレス・ワールドカップ

By | 2014年4月20日
ホームレス・ワールドカップ

(C)Cabin Films 2008

ホームレス・ワールドカップ(2008)99分 アメリカ
原題:KICKING IT
★2008年サンダンス映画祭プレミア上映
■監督・脚本 スーザン・コッホ
■監督・編集 ジェフ・ウェルナー
■製作総指揮 リック・アレン、ジョセフ・エデルマン、ダグラス・G・スミス
■音楽 チャーリー・バーネット
■ナビゲーター コリン・ファレル
■キャスト ナジブ、アレックス、ダミアン、サイモン、クレイグ、へスース、スラヴァ、他

「ホームレス・ワールドカップ」は2003年に始まった世界規模のサッカー大会。誰でもできるスポーツ、サッカーを通じて世界の貧困問題や人間の可能性を考え、貧困状態の人々が希望を感じる手がかりをつかむことを目的としている。選手資格は、なんらかの理由で家を失ったホームレス経験を持つこと。

舞台は南アフリカのケープタウンで行われた2006年大会。世界中の代表選手達が動き出した。アフガニスタンの戦場から、ケニアのスラム街から、麻薬依存症の更正施設から、様々な事情を抱えてフィールドに立つ7人の姿を追う。選手として出場できるのは一人一大会だけ。希望を胸に、それぞれのワールドカップが始まる。