ここがおすすめ!『偽りの人生』

By | 2014年6月6日

先日までの夏日がどこへやら、梅雨に突入して涼しくなりました。
にいがた国際映画祭は明日から後半開始です。

本日は、『偽りの人生』をご紹介します。
リッチな医師と、犯罪に手を染める双子の兄。ヴィゴ・モーテンセンの一人二役の演技は必見!

気になるあらすじは↓

ただもう一度だけ、すべてをやり直したかった―――。
アグスティンは医師としてブエノスアイレスで妻と裕福な暮らしをしながらも重圧を感じ、空虚感に苛まれていた。
ある時、長らく離れていた一卵性双生児の兄ペドロが訪れ、末期癌であることを告げて自分を殺すよう懇願する。
人生を賭けた偽り。男の嘘は真実となり得るのか。

メイン「偽りの人生」

偽りの人生…と聞いてドキッとした人は必見!

「イースタン・プロミス」でロシア語訛りの英語を披露したアメリカ人(笑)ヴィゴ・モーテンセンが今度はスペイン語に挑戦!語学堪能ですね! 幼少期にアルゼンチンに住んでいたらしいのですが果たしてそれだけで話せるものなのか…。たぶん勉強し直したんでしょうね。

そんなヴィゴ第二の故郷アルゼンチンで撮られたこの映画、監督はアルゼンチンの新鋭女性監督アナ・ピーターバーグ。商業映画第一作目ながら主演のヴィゴに「見事な構造であり、本当に特別な素晴らしい物語」と言わしめた完成度の高い脚本に注目です。

 

ユウ