第25回にいがた国際映画祭


開催期間

2015年6月20日(土)・6月21日(日) 新潟市民プラザ(NEXT21 6階)

2015年6月27日(土)〜7月4日(金) 新潟・市民映画館シネ・ウインド

2015年7月5日(日) クロスパルにいがた4階映像ホール

日別のスケジュールはこちらからご確認ください


ごあいさつ

環日本海の周辺の国々の映画を紹介することで、今まであまり知られていなかった隣国を知る。

こんな想いで始まった「にいがた国際映画祭」は多くの観客( 市民) の支持をいただき、今回で25 回目の開催を迎えます。今回は節目の年でもあり、昨年よりもさらに楽しんでいただける企画を用意いたしました。御期待下さい。

「映画祭で観た映画がきっかけとなって、その舞台(外国)を訪れました」。なんて素敵なことでしょう。そんな話を聞くと、とても幸せな気持ちになります。「にいがた国際映画祭」は、今後も市民による手作りの映画祭を創っていきたいと思います。映画祭がより多くの人とかかわりを持つことを期待し、挨拶とさせていただきます。

第25回にいがた国際映画祭実行委員長 市川 栄


東アジア文化都市とは

日中韓文化大臣会合での合意に基づいてはじまったのが、この東アジア文化都市。日中韓3か国で文化芸術による発信を目指す都市を選定し、さまざまな文化芸術イベントなどを実施するものです。これにより東アジアの相互理解を深めるとともに、多様な文化の国際発信力を高めます。国内では2014年の横浜市に続き、新潟市が開催都市に選定され、2016年は奈良市、2017年には京都市が候補都市に選ばれています。

「にいがた国際映画祭」では、中韓の映画を見る機会が地方ではまだ殆どなかった25 年前から、映画を通じて身近な国々への理解を深める目的での上映を行い、交流の場を設けて来ました。こうした市民ひとりひとりの地道な取り組みが全国的にも高い評価を受け、新潟市が2015 年の「東アジア文化都市」に選定される事になりました。

「東アジア文化都市」の一環として行う今回の「第25 回にいがた国際映画祭」(東アジア映画祭)では、中国と韓国の文化の要素をふんだんに盛り込み、アジアを意識したプログラムを用意しています。


イベント

オープニング特別無料上映&トークショー

1994年、一本の韓国映画が衝撃とともに日本に上陸した。「西便制」というタイトルのその映画は、前年の1993年、それまでの韓国での歴代観客動員数記録を塗り替えた、当時の韓国最大のヒット作だった。日本では、それまで映画祭等でイベント的に上映される時にしか韓国映画を見る機会がなかったが、「西便制」は一般の映画館でロードショー公開され一大ムーブメントを巻き起こし、韓国映画への関心を一気に高めた。第5回にいがた国際映画祭(1995)で上映され大きな反響を得た「風の丘を越えて/西便制(ソピュンジェ)」を、当映画祭の25周年と日韓国交正常化50 周年を記念して、何と今回特別無料上映!

  
しかも、本作の脚本と主演を務めたキム・ミョンゴン氏をゲストにお迎えし、映画にまつわる秘話や韓国の伝統文化についてたっぷりお話を伺います。二度とないこの機会、是非お見逃しなく!!
■ 日時 6月20日(土)13:30~ (午前10:00より会場受付にて入場整理券を配布)
■ 会場 NEXT21 6階 新潟市民プラザ(先着440名)

本イベントは終了いたしました


リム・カーワイの映画を一気に体験する!

リム・カーワイの映画を一気に体験する!

日本、中国、東南アジアをひょいひょいと飛び回り、映画で各国を結ぶ自称・映画流れ者、リム・カーワイ。その何とも不思議な世界は、見る者がすべてに対して無意識に持っていた「ボーダーライン感覚」をあっさり越えて来る。一度体験すれば、これからの映画界の未来が何となく見えてくる… かも?!
■ 日時 6月21日(日)
After All These Years」上映 10:30~「マジック&ロス」上映 13:30~
 リム・カーワイ監督トーク 15:10~(要チケット。「マジック&ロス」をご覧になった方が対象です)
新世界の夜明け」上映 16:30~「Fly Me To Minami~恋するミナミ~」上映 19:00~
■ 会場 NEXT21 6階 新潟市民プラザ(定員440席)

本イベントは終了いたしました


「ふたつの祖国、ひとつの愛 ~イ・ジュンソプの妻~」上映&監督トーク

近代韓国の国民的画家、故イ・ジュンソプ( 李仲曼)とその妻、山本方子(まさこ) の「愛と信頼」のドキュメンタリー。

二人の愛の軌跡を追ったこの映画の上映と、監督のトークを通じ、日韓の関係を見つめなおします。

■ 日時 6月28日(日)
「ふたつの祖国、ひとつの愛~イ・ジュンソプの妻~」 上映 13:30~
 酒井充子監督卜一ク 15:10〜 (要チケット。上映をご覧になった方が対象です)
■ 会場 新潟・市民映画館シネ・ウインド(定員94席)

本イベントは終了いたしました



日韓合作映画「ノーボーイズ、ノークライ」新潟市内ロケ地めぐりツアー

「ノーボーイズ、ノークライ」(2009)の撮影が行われた新潟市内各地をバスでめぐるミニツアー。今や韓国演技派ナンバーワンとなったハ・ジョンウ、そして日本の若手俳優を代表する妻夫木聡の足取りを一緒にたどってみませんか?
■ 日時 7月4日(土)13:00出発 ■ ツアー参加費 1000円(保険料等含む)■ 定員 25名(先着順)【満員御礼】受付終了いたしました

主な見学場所
①西蒲区・妻夫木聡とハ・ジョンウが出会う洞窟の入り江②中央区・妻夫木聡が金網で腕をケガする路上③中央区・妻夫木聡とハ・ジョンウが殴り合いをするホテル④江南区・妻夫木聡と貫地谷しほりがデートする喫茶店(ここで休憩を取ります)
※その他新潟市内各ロケ地を巡ります

本イベントは終了いたしました



クロージング上映「中国・日本わたしの国」上映&監督トーク

終戦後の中国で、残留日本人の母と中国人の父との問に生まれ、激しい時代の波にもまれたのち来日、日本国籍を取得した女性、山田静。彼女の半生と里帰りを追ったドキュメンタリー映画「中国・日本 わたしの国」。

この映画の監督、ちと瀬千比呂さんと、出演の山田静さんをお迎えし、上映後にトークを行います。作品を通して「わたしの国」とは何か、日本と中国の現状を踏まえつつ、お話していただきます。

 
■ 日時 7月5日(日)
「中国・日本わたしの国」 上映 13:00~
 ちと瀬千比呂監督・山田静さん卜一ク 15:00〜 (要チケット。上映をご覧になった方が対象です)
■ 会場 クロスパルにいがた4階映像ホール

本イベントは終了いたしました