第24回にいがた国際映画祭

2013

開催期間

スケジュールはこちら


ごあいさつ

全体の歴史としては24回目、2月から6月に時期を移してからは2回目の映画祭となりますが、おかげ様で今年も10の国と地域から素晴らしい映画を集めて開催の運びとなりました。身近な食生活を通じて多彩な文化に触れる特集上映や、映画のテーマに深く切り込むゲストトークなど、今回も内容盛り沢山です。また、ここ新潟で地元の監督によって撮影されるスリランカ映画の制作発表をオープニングイベントとして行う事で、地元の映画人の活躍を紹介し、新たな文化交流の波を起こせるのも我々にとって大きな喜びです。映画祭期間中の9日間を通じて多くの方にご来場いただき、楽しんでいただきたいと思います。 最後になりましたが、開催にあたりご協力いただきました関係各位、協賛者の皆様、何より毎年楽しみにして足を運んでくださる皆様方に厚く御礼申し上げ、ご挨拶とさせていただきます。

第24回にいがた国際映画祭実行委員長 市川 栄


特集上映 映画で味わう世界の食卓

VIPが味わう極上の料理から、お昼が待ち遠しいお弁当まで、各国の料理をスクリーンでお楽しみください。 中には必ずしも料理そのものが主題でない映画もありますが、その地域独特の食文化の香りが物語に効いてます。 見たらその日の夕食メニューに確実に影響を及ぼす事間違いなしです!  詳しくはこちら


原作者 Sumithra Rahubaddheさん

オープニングイベント「カンダック・セーマー 」制作発表!

スリランカ史上初、2010年にシンハラ語文学賞5つを総なめにしたベストセラー「カンダック・セーマー Kandak Sema」が新潟で映画化!この映画の制作発表記者会見を、県内外の報道陣を招いて行います。一般のお客様にも無料でご入場いただけますので、是非ご覧ください。 ■ 日時 5月31日(土)10:30~11:30 (午前9:30より会場受付にて入場整理券を配布します) ■ 会場 クロスパルにいがた4階映像ホール(100席) 詳しくはこちら


小川雅代(MAH)さん

トークショー「映画の中のポイズン・ママ」

「あなたを愛している」と口では言いつつ幼い娘のヌードで自分の名声を得る母の実話を娘自身が描いた「ヴィオレッタ」。この映画と、大女優の母・小川真由美との壮絶な関係を記して出版した娘の小川雅代さんのトークを通じ、日本や海外の「映画の中のポイズン・ママ」について考えます。 ■ 日時 6月7日(土)「ヴィオレッタ」上映 12:30~ トークショー 14:25〜 ■ 会場 新潟・市民映画館シネ・ウインド

詳しくはこちら

小シネマパラダイス★ピョンヤン

「シネマパラダイス★ピョンヤン」上映&解説

シンガポールの映像作家が北朝鮮の映画界に密着した興味深いドキュメンタリー。 上映後、この映画を日本で配給している33BLOCKS(サンブロックス)の李相美さんをゲストにお迎えし、映画についてお話を伺います。 ■ 日時 6月8日(日)「シネマパラダイス★ピョンヤン」上映 12:30~ 解説 14:15〜 ■ 会場 新潟・市民映画館シネ・ウインド

※トーク、解説からご入場になる場合もチケットが必要です